ペット保険に関する知識が十分でないならば、よく保険会社の担当者に話を聞くことです。

ペット保険の加入率

火災保険や生命保険は、人間の命に関わる問題であることから、加入者が多いのはよく知られています。
言及するまでもなく、加入している割合も軒並み高いのは予想されます。同様に、ペット保険の加入率はどうなっているのか、複数の情報源から探っていきます。

まず、日本の新聞から出た情報を知らせておきます。社会人に親しまれている某新聞では、2013年6月にペット保険について触れた記事がありました。
文面では、ペット保険会社の収益を上げる内容を述べており、同時の加入率を発表していました。日本では約4パーセント、イギリスでは約20パーセントです。
イギリスは、ペット保険発祥の国と言われているため、納得のいく結果となっています。中小企業の情報収集や研究を行っている経済研究所の発表によりますと、2012年12月のレーティングでは、日本のペット加入率は3パーセント未満であると明言しています。

今後の見通しでは、ペット寿命の長期化や医療技術の発展により、ますます動物に割かれる治療費が上がり加入率も高くなっていくと結論付けています。
2つの情報源から、国民がペット保険に入っている確率は、4〜5パーセントであるとまとめられます。愛媛県行ってみない?